ファイルインポート(取り込み)

ファイルインポート(取り込み)

クレダス(CREDAS)の工事データのインポート方法をご紹介。

別記事「提出用ファイル作成」と逆のパターンとなります。

主に提出先で利用されていると思いますが、社内でのデータのやり取りにも活用できるシステムです。

たとえば2人の現場責任者さんがいて、それぞれパソコンを所有しているとします。,br /> 2つのパソコンにはそれぞれクレダスがインストールされていて、AさんのパソコンにはAさん担当工事データを、そしてBさんのパソコンにはBさん担当工事データをそれぞれ保存しているとしましょう。

ある日、Aさんが請け負った工事内容が、以前Bさんが請け負った工事内容と殆ど同じ内容の工事でした。

するとAさんは、一から作るのも面倒、しかも以前Bさんが役所へ提出済みである事から内容の正確さも魅力的という2点からBさんから対象工事データを頂くこととなりました。

上記のような場面で、とても重宝するシステムだと思います。

つまり、Bさんのパソコンで「提出用ファイル作成」を行い、FDにデータを保存します。

次にAさんのパソコンにFDを挿入し、ファイルのインポートを行うわけです。

これで、AさんのパソコンでBさんから貰った工事データを編集できるという事ですね。

以上、ファイルのインポート方法でした。

Sponsored Link
Sponsored Link

スポンサードリンク

プロフィール

プロフィール

土木人間です。

クレダス(CREDAS)についてわからないことなどございましたら、相互リンク集ページ内のメールフォームよりご質問ください。また、公共機関からの更新情報などは出来るだけリアルタイムに公開していく予定です。

産業廃棄物マニフェストの記載方法や印刷等についても解説しています。

クレダスのダウンロード等は国土交通省のHPへどうぞ。

最新版ダウンロード

クレダス(CREDAS)参考書