搬出先の種類

搬出先の種類

再生資材利用促進計画書(クレダス)の搬出先の種類について。

いろいろな選択肢があるので入力の際に戸惑うことが多々あります。
そこで搬出先の種類について調べてみました。


1.売却
工事の請負会社が建設廃棄物(発生時点)を売却してその代 価を得た場合(有価物)

2.他の工事現場
廃棄物処理法に規定された「再生利用指定制度」(個別指定制度、一般指定制度、大臣認定)を活用して、必要とする工事への搬出

3.広域認定制度による処理
廃棄物処理法に規定された「広域認定制度」を活用して、当該製品の製造、加工、販売等の事業を行う者が適正な処理を行った場合(例:新築工事で発生した石膏ボードの端材などを製造会社が引き取る場合

4.中間処理施設(再資源化施設:合材プラント)
アスファルト・コンクリート塊を破砕処理し、再生アスファルト合材用骨材として利用している合材プラントへの搬出

5.中間処理施設(再資源化施設:合材プラント以外)
建設廃棄物の破砕、脱水等の再生・再資源化処理をする中間処理施設への搬出(例:コンクリート塊の破砕施設、建設発生木材の破砕施設、建設汚泥の脱水・焼成等施設、建設混合廃棄物の選別施設など)

6.中間処理施設(サーマルリサイクル)
建設廃棄物を熱源として利用し熱回収(サーマルリサイクル)する中間処理施設への搬出(例:バイオマス発電施設、セメント工場)

7.中間処理施設(単純焼却)
建設発生木材又は建設混合廃棄物で、再生利用(熱回収を含む)を行わず、単純に焼却、減容化のみを行う中間処理施設への搬出

8.廃棄物最終処分場(海面処分場)
(廃棄物処理法で規定された)海面型最終処分場への搬出

9.廃棄物最終処分場(内陸処分場)
(廃棄物処理法で規定された)内陸型最終処分場への搬出

10.その他の処分
その他の再利用に供しない施設等への搬出。
⇒集計上、最終処分としてカウントされる

Sponsored Link
Sponsored Link

スポンサードリンク

プロフィール

プロフィール

土木人間です。

クレダス(CREDAS)についてわからないことなどございましたら、相互リンク集ページ内のメールフォームよりご質問ください。また、公共機関からの更新情報などは出来るだけリアルタイムに公開していく予定です。

産業廃棄物マニフェストの記載方法や印刷等についても解説しています。

クレダスのダウンロード等は国土交通省のHPへどうぞ。

最新版ダウンロード

クレダス(CREDAS)参考書