処分方法

処分方法

今日は珍しくクレダスを使った仕事はありません。
今日はマニフェストという管理票の整理をしておりました。
昨日ご紹介したクレダスの情報元ともいえる書類です。

最近思う事ですが、処分方法って結構種類があるんですね。
合わせて産業廃棄物の種類も沢山ありますね。

土木工事であればコンクリートとアスファルトが定番です。
解体工事であればコンクリートの他鉄くずやアルミサッシや
以前問題となったアスベストも出てきますね。

そういえば、アスベスト取扱主任者という資格ごぞんしですか?
免許ではなく技能講習系だと思いますが、その資格がないと
いっさい石綿を取り扱ってはならないと決められているようです。

話は戻しまして、今日は木くずについてお話を。
木くずも結構産廃として出てくるものですね。
木くず専用のクラッシャーもあり、とても高価のようです。
ぽつぽつと所有している業者もあるそうです。
コンクリート等のクラッシャーとは価値が違いますね。

今日はクレダスとはちょっと話がそれちゃいましたが
それ程クレダスには様々な方向から監視されているという事です。
Sponsored Link
Sponsored Link

スポンサードリンク

プロフィール

プロフィール

土木人間です。

クレダス(CREDAS)についてわからないことなどございましたら、相互リンク集ページ内のメールフォームよりご質問ください。また、公共機関からの更新情報などは出来るだけリアルタイムに公開していく予定です。

産業廃棄物マニフェストの記載方法や印刷等についても解説しています。

クレダスのダウンロード等は国土交通省のHPへどうぞ。

最新版ダウンロード

クレダス(CREDAS)参考書