工事個票印刷

工事個票の印刷について。


みなさんは普段どのようにしてクレダスを提出してますか?


一般的には、FDなどの電子媒体で提出すると思われますが、稀に書類にて提出を要求する発注元もあるようです。


どちらにしろ施工計画書などの現場関連書類にも添付しなければならないので、意外と個票印刷は利用するものです。


主に使われているのが、「再生資源利用(促進)計画書(実施書)」かと思われます。


実はこれにも2種類ありまして、1つは

-「塩化ビニル管・継手」「石膏ボード」等追加版-

もう1つは、

-建設リサイクルガイドライン様式-

みなさんは主にどちらを利用してますか?


私は以前発注元から指摘を受けた事もありましたので、先方の費目追加版を提出しております。


供給元の住所等を記入する部分が青く塗られている様式です。


結局これも数年前に話題となった「アスベスト」によるものでしょうね。


石膏ボードなんかは特に関係があると思います。アスベスト=石綿がこれまで管理されていなかったことに驚きを感じます。


不法投棄や実際に健康被害を及ぼす廃棄物類など、今後ポツポツと話題になっていくものと思われます。


つまり、これからの時代はクレダスが拡大していくこと間違いなしです。


業者の方は是非今から知識を付けておきましょう。