がれき類

最近の事ですが、アスファルト殻やコンクリート殻という言葉がなくなってきたようです。

それらを総称して「がれき類」と呼ばれる事が多くなりました。


ですが、そのように総称されるとマニフェストにしてもクレダスにしても記入の仕方が変わってきますよね?

正直なところとても迷惑な話なのですが、実際の所は如何なものでしょうか?


総称してがれき類という呼び名に変わったのなら、マニフェスト及びクレダスの様式&システムを変更して頂きたいです。

産業廃棄物処理委託契約書の様式もその通りです。


どのような理由があるのか分かりませんが、このような呼び名の変更は本当に意味のない事ですよね。

未だ殆どの排出業者が熟知していないにも関わらず、このように変更してしまうと尚更疑問が増えてくると思うんです。


せっかく産廃の実績を分析できるシステムを作って、提出まで義務化されているのですから、全業者が熟知するまでそっとしておいて欲しいですね。