対象建設工事

再生資源利用促進計画書(クレダス)の提出が必要となる対象工事について。



国においては対象建設工事の規模を、



・建築物に係る解体工事については、床面積の合計80㎡以上

・建築物に係る新築・増築工事については、床面積の合計500㎡以上

・建築物に係る修繕・模様替(リフォーム等)工事については、1億円以上

・建築物以外のものに係る解体・新築工事等については、工事額500万円以上



としています。



基本的には上記の基準で良いのですが、都道府県発注工事の場合は注意が必要です。



なぜなら、国の規模基準における延床面積などの捕捉率と、各都道府県における捕捉率などに基づいて其々基準を設けている場合があるからです。



都道府県発注工事を請け負った場合は、各都道府県のリサイクル法関連ページで対象となる工事の基準をご確認ください。